老けた印象をなくすために|老け顔に見える眼瞼下垂は名医の技術で改善できる

老け顔に見える眼瞼下垂は名医の技術で改善できる

婦人

老けた印象をなくすために

女医

方法はいろいろあります

年齢を重ねていくにつれて、気になりだすのが頬のたるみです。若いころは、たとえ太ってしまって頬に肉がついてもぷっくりとするだけだったのが、加齢により筋肉量が減ることで肉を支えきれなくなり、下にたるんでしまいます。また、急激なダイエットをしてしまうと、頬の肉はなくなりますが、代わりに皮膚が余ってしまって、余分な皮膚が下に伸びる形でたるんでしまいます。頬のたるみが目立つと、老けた印象になります。若々しくあるためには、頬のリフトアップが大切になります。現在、美容クリニックでは様々な方法によって頬のたるみの治療が行われています。メスを用いた本格的な治療から10分程度で施術できるプチ整形と呼ばれる方法まであるので、自分の症状に合った治療方法を選ぶことができます。

メリットとデメリット

頬のたるみに1番効果の高い治療方法が、メスを使った切開手術です。余分な肉や皮膚を切り取るもので、術後は安静にする必要があります。ただ、この方法は西洋人の骨格にあう方法なので、東洋人の骨格では不自然になるリスクが高いです。きちんと骨格を理解している医師を選んで、綿密な計画を立てたうえで行うことをおススメします。レーザーをもちいて肌の真皮部分を刺激し新陳代謝を促す方法は、現在人気の方法で、最新機器も次々と開発されています。導入が新しいので実績数が少なく、使い慣れていない医師がいるのも事実です。クリニックの施術実績を事前に確認し、実績数の多いクリニックを選ぶことをおススメします。ヒアルロン酸を注射して肌をプリッとさせる方法も人気です。施術時間も短く、費用も比較的安価で手軽に行うことができますが、半年程度で効果が薄れていくので、定期的に注射し直す必要があります。